CSR基本方針

CSR基本方針

ダイニック株式会社は、経営理念に「技術の優位性、人の和」、経営の基本方針に「For The Customer」を掲げ、社会的責任を果たすべく「コンプライアンス宣言」を掲出している。
「コンプライアンス宣言」に基づく行動指針には、所謂「社会的責任中核7主題(※)」を包含しているが、特に重点とする以下の3項目を定め、当社のCSR取組みを明確化し、サプライチェーンや社会と協調して持続可能な世界の実現を目指す。

(1)法令遵守を進めコンプライアンス感性を磨く。
人権を尊重し、労働安全衛生に配慮した健全な職場を作り、反社会的な勢力を排し、又知的財産権に配慮した設計開発を
行う等公正な企業活動を行い、ステークホルダーとの対話に努める。

(2)生物多様性保全や気候変動に配慮し、循環型社会構築に資する事業を行う。
「環境基本方針」を遵守し、省エネルギー・省資源への取組みのほか、生物多様性に配慮した調達や事業活動に取り組む。
製品設計においては、再利用しやすい原材料を優先採用するなど、環境に配慮した設計思想を取り入れる。

(3)顧客および消費者に対する責任
「品質基本方針」を遵守し、常に顧客の要求に応じた品質を通じて、商品、サービス、安全・衛生を提供する。

※社会的責任中核7主題:組織統治・人権・労働慣行・環境・公正な事業慣行・消費者課題・コミュニティ(ISO26000 社会的責任のガイドラインより)

ダイニック株式会社 代表取締役社長 山田 英伸