沿革

1919年 日本クロス工業(株)を京都市西陣に資本金100万円で設立
1929年 京都市西京極に天神川工場を竣工
1932年 タイプライターリボンの製造を開始
1937年 大平製紙(株)の前身・大平加工製紙(株)設立、王子工場竣工
1943年 大平加工製紙を大平製紙(株)に改称、富士工場を傘下に入れる
1948年 東京出張所を開設
1951年 株式を上場
1952年 東京工場誕生
1956年 不織布事業に進出
1964年 深谷工場竣工
1965年 「ステーフレックス」の技術契約を締結
1968年 「レクトラシール(登録商標)」の技術契約を締結
1970年 真岡工場竣工
1973年 「ニックセブン」を開発
1974年 ダイニック(株)へ社名を変更
1978年 滋賀工場竣工
1979年 DYNIC(H.K)LTD.(香港)を設立
「ニックセブン」繊維学会技術賞受賞
1987年 FFCフィルム「ALINDA」を発表
アストロパーク天究館を開設
1988年 DYNIC USA CORP.(米国)を設立
THAI STAFLEX.CO.,LTD.(タイ)を設立
1990年 DYNIC(U.K)LTD.(英国)を設立
オフィス・メディア(株)グループに参加
1991年 大連大尼克辦公設備有限公司(中国)を設立
名刺プリントシステム「ミスター・メイシマン」を発売
1993年 昆山司達福紡織有限公司(中国)を設立
1995年 大平製紙(株)と業務提携
1996年 埼玉工場竣工(東京工場を深谷工場へ集約移転)
1997年 滋賀工場、「ISO9001」「ISO14001」の認証を取得
1998年 埼玉工場、「ISO9001」「ISO14001」の認証を取得
2000年 有機EL用水分除去シートを開発
2002年 達妮克国際貿易(上海)有限公司を設立
2003年 王子工場、「ISO9001」の 認証を取得
大平製紙(株)を吸収合併。同社は社内大平カンパニーとして当該事業を継承
2008年 カンパニー制を廃止、大平カンパニーを完全統合
2011年 東京本社・埼玉工場、「FSC®/CoC認証」を取得
東京本社、およびグループ2社、新橋新御成門ビルに移転
2013年 TPCNIC CO., LTD.(タイ)を設立
2014年 PT. DYNIC TEXTILE PRESTIGE(インドネシア)を設立
2016年 王子工場加工箔、「FSSC 22000」の認証を取得
2017年 滋賀工場、「FSC®/CoC認証」を取得
2018年 真岡工場、「FSSC 22000認証」を取得
DYNIC (CZ) s.r.o.(チェコ)を設立
2020年 DYNIC SINGAPORE PTE. LTD.(シンガポール)を設立
『ダイニック 100 年史』を刊行